営業が抱える不安【転職を前向きに】

営業職も3年ほど経験するとどこかで疑問や悩みが生じる。

毎年同じようなことをやって、同じような商品やサービスを売って、

同じ顧客を相手に、商売をする。

なんとなく過ぎていく日々に、将来への不安を感じ、仕事に身が入らなくなる。

少しずつすべてにおいて惰性で仕事をするようになり、

商談もそこそこ。でも仕事は回っているので、それはそれでありなのかなって思いながら。。。

葛藤の連続。どうしよ。

結論、そんな時は転職もアリ、ということ。悩む時間がもったいない。悩む時間を挑戦への活力に!

営業を3年続けると・・・

同じ会社で3年も営業職を続けることが出来れば、ある程度余裕ができてくるだろう。

社会のことも、会社のことも、営業という職種もなんとなくわかり始め、

他の会社や別な業界が良く見えてきたりもする。そんな時は思い切って転職活動を始めましょう!

思い立ったが吉日とは言うが、この時に絶対やってはいけないこと。

警告①今いる会社を先に辞めてはいけない。
警告②最初に転職エージェントを利用しない。
警告③同じ業界で絞ることはしない。

営業程、他の会社と関わる職種は他にないだろう。

だからこそ、見えてくるものもあるし、自社の有益性も感じることができる。

まずは、企業視察と考えて転職活動を始められることをおススメする。

営業の酸いも甘いもわかる3年という期間

会社の顔とも言うべき「営業」は、意外と弱い立場にあることが多い。

なのに他部署に比べ、要求やノルマがとても大きい。

そんな営業に3年も携わってきた方々は、営業の酸いも甘いも経験し、

メンタルもかなり強くなっているはずだ。おそらく何かしらの実績をあげている人も多いだろう。

そんな営業職の転職活動に必要な心構え『せっかくの転職を今の会社から離れたい、という気持ちでしてはいけない。』

①自分の挑戦心を掻き立てる会社を探す

転職活動をプラスの感情に持っていくこと。

どんなことでも、新しいことへの挑戦には、「失敗したらどうしよう」という不安がよぎる。

でも、そんな感情は忘れましょう。

一番大事なのは、自分の今を1段でも上にステップアップできる会社かどうか、ということ。

つまり、選ぶ立場になろうということ。その意志さえはっきりしておけば、

妥協せずに転職活動を進めることが出来る。

②給料が今よりも上がる会社を探す

自分の価値基準でもある「給料」をプラスに。

転職を始めると成功させることが目的になってしまい、

どこかで妥協してしまう部分がある。その大きな妥協点が、「給料」である。

そこの折り合いがうまくいかないことの方が転職活動では多い。

そこを諦めたら、せっかくの転職がマイナスになり、悪循環を引き起こす。

主張はしっかり。それがある意味、自分の能力・自信を明示することになる。

③転職を諦めてもいいという思考も大事

今の会社に不満や不安を覚えた人間が会社を変える

転職を始めたからと言って、今の会社を辞める前提で動く必要はない。

あくまで企業視察という価値観・思考を持たないとどこの会社も正しい視点で判断することが出来なくなる。

「採用試験を受けに行った会社に軽い気持ちでは失礼」なんて感情も全くいりません。

転職の主人公は「自分」であることを認識し、今の会社と比較していい会社がなければ転職活動をやめればいい。

そして、今の会社を客観的に見る機会を設けると新たな会社像が見えてくる。

3年の営業経験をもっと誇るべし

はっきり言おう。

営業職を3年積み上げたあなたには自分の想像以上のスキルが身に付いている!」ということ。

そんな自分を安売りしてはいけません。安売りが始まると高く売ることへの抵抗感が出てしまう。

それは今の小売市場を見ればわかりますね。デフレではなく市場原理にまんまとはまっている状況を。

しかし、これからは、「価値をどう表現し、高く売るか。」という時代。

自分自身に価値を見出せない営業マンが、属している会社のモノやサービスにどう価値をつけることができるのか。

今転職活動している人もこれから始める人も自分自身を見誤らないで下さい!

自分に価値をプラスすることが出来たら、転職しなくても今の会社で今以上の結果を出すことができるようになる。

それは間違いない。自信をもって、新しいことに挑戦しましょう。

営業職は最強!

意外と認識されていないこと。

コト・モノを売れる人間が一番世の中で成功している】ということ。

仮にいいモノ・サービスを作り出しても売れなければ、それは駄作で終わる。

いいモノ・サービスであっても、陽の目を見ないことは多いにある。

だからこそ、営業という職種が必要になる。今やインターネットやSNS等でも発信は出来る。

でも、その発信の仕方も結局は、営業の仕方に繋がる。

どうアプローチするのか、どう伝えてていくのか。

マーケティングとも被るところはあるが・・・

とにかく営業は万能なんです。

営業の転職活動をもっと活発に

先にも述べたが、なぜ営業職の立場が依然会社の中で低いままにあるのか。

その状況が、どうしても理解できない。私自身が営業に携わってきたから、その立場を上げたい、という感情もあるが、

やはり今の会社の内部事情に納得はいかない。

もっともっと営業職の方々が、自分たちで発信をしていかなければいけないと感じる。

それこそが、「転職活動」だと私は断言する。

日本人は、世界の中でも意思表示をするのが苦手な国民と思われている。

どこか控えめで奥ゆかしい。そんな古風な日本人タイプでは、もう現代のビジネスでは成功しえない。

スティーブジョブズや孫正義、豊田章男、数々の人気Youtuberの様に発信をどんどんしていきましょう。

自分の価値を高めるために

そんな営業職に特化した求人サイトを発見しましたので、ご紹介致します。

もうすでにご存じかと思いますが・・・


では。

【あとがき】

今の時代、副業でまずは自分の能力を測るのもアリ。副業を禁止する会社もまだまだありますが、

年間でも20万円の収益までなら、とくに申告もいりません。ばれることもそうないでしょう。

そんな副業(今では複業)を手軽に始められるサイトを紹介。



ここでは、まず自分のやりたいことを見つけて、企業と直接契約を結ぶというものだが、

完全無料で始めることが出来るので、ノーリスク、むしろプラスで他の会社の内部を少しですが知ることが出来る。

こういう選び方も今の時代はアリだと思う。是非ご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です